PR

ライフ ライフ

コロナ退散へ 上杉神社で恒例の献華祭

新型コロナウイルスの早期収束を願い、上杉神社献華祭で白菊を生ける池坊米沢支部員ら=30日午後2時過ぎ、山形県米沢市の上杉神社(柏崎幸三撮影)
新型コロナウイルスの早期収束を願い、上杉神社献華祭で白菊を生ける池坊米沢支部員ら=30日午後2時過ぎ、山形県米沢市の上杉神社(柏崎幸三撮影)

 山形県米沢市丸の内の上杉神社拝殿で30日、恒例の献華祭(けんげさい)が行われた。新型コロナウイルスの感染拡大で健康不安が広がり経済が低迷するなか、早期収束を祈願しての「祈りの花」の献華となった。

 今年で58回となる献華祭には、池坊米沢支部の大野洋子支部長ら5人が参列。拝殿で古来より邪気を払う花として用いられてきたという白ギクを生け、本殿に奉納した。

 大野支部長は、「新型コロナウイルスが1日も早く収束するようにという祈りを込めた」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ