PR

ライフ ライフ

北海道の院内感染拡大、千歳第一病院は計27人

北海道庁赤れんが庁舎=26日、札幌市中央区(寺田理恵撮影)
北海道庁赤れんが庁舎=26日、札幌市中央区(寺田理恵撮影)

 感染が拡大している新型コロナウイルスをめぐり、北海道は26日、道内で14人の感染が確認され、うち1人は院内感染が発生している「千歳第一病院」(千歳市)の入院患者の60代男性と発表した。同病院の感染者は計27人となった。

 また、感染者計59人が判明している「国立病院機構北海道がんセンター」(札幌市白石区)に関連し、恵庭市に住む40代女性の感染が新たに確認された。同センターを見舞いに訪れて感染したとみられる40代男性の同居家族という。

 さらに、同センターに検査入院し感染したとみられる利尻島・利尻富士町在住の70代男性の知人で、同町に住む60代女性が陽性と判明。これまでに男性の同居の親族も感染が確認されており、同町の感染者は計3人となった。

 26日に判明した14人のうち11人は札幌市で確認された。

 道によると、26日午後5時時点の道内の感染者は延べ615人。このうち225人が陰性と確認されて治療を終えた。治療中の患者は365人で、うち12人が重症。26日までに25人が亡くなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ