PR

ライフ ライフ

公園やジョギングも感染注意 運動不足解消で人出増加

大型連休を迎えた駒沢オリンピック公園では、外出自粛要請が出る中、ランニングや散歩をする人の姿が見られた=25日午後、東京都世田谷区(川口良介撮影)
大型連休を迎えた駒沢オリンピック公園では、外出自粛要請が出る中、ランニングや散歩をする人の姿が見られた=25日午後、東京都世田谷区(川口良介撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続く中、公園に人出が集中し、東京都は25日から都立公園の駐車場や遊具施設を閉鎖した。だが、レジャー施設やスポーツジムなども休業しており、ストレス発散や運動不足解消のため、公園や河川敷で散歩やジョギングなどの運動をする人も多くみられる。運動でも多くの人が集まれば密集や密接状態になるおそれもあり、専門家は「適度に距離をとって」と呼びかける。

 「公園の利用は3月に学校が休校になったときにドッと増え、その後、落ち着いたが、(4月半ばの休日に)倍増した公園もある」と港区の担当者は話す。公園内のバスケットボールコートなどを閉鎖したほか、不要不急の外出を避けるようポスターを張ったり、アナウンスするなどの対策をとっている。駒沢オリンピック公園(世田谷区)でも4月に入り、ジョギングする人が増えたとして、ツイッター上で、「園内が混雑する時間帯(10時~15時)を避けて」と呼びかけた。

 ジョギングについては、「(呼吸などで)飛沫(ひまつ)が約2メートル移動する可能性がある」として、前後に並んで走ることの危険性を指摘する研究結果もある。フランスでは日中にジョギングなどの運動のために外出することを禁じている。

 自身もランナーである京都大iPS細胞研究所長の山中伸弥さんは、動画投稿サイト「YouTube」で、「走って大きく息をすると、周りにウイルスをまき散らしているかもしれません」と指摘。「せきやくしゃみと同じく、周囲への配慮として走るときもマスクをつけて、エチケットを心がけましょう」と呼びかけている。

 一方、公園での密集が問題となり自治体が対策に乗り出すなか、自然を感じられるレジャーへの関心が高まりをみせている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ