PR

ライフ ライフ

北関東3県知事が会議、メッセージ発出 観光振興でも一致 

北関東三県の知事によるテレビ会議に臨む茨城県の大井川和彦知事=24日午後、県庁(永井大輔撮影)
北関東三県の知事によるテレビ会議に臨む茨城県の大井川和彦知事=24日午後、県庁(永井大輔撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 群馬県の山本一太知事は24日、栃木県の福田富一知事、茨城県の大井川和彦知事とテレビ会議を実施。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県域をまたいだ移動の自粛などを呼びかける連名の緊急メッセージを取りまとめた。

 政府は、大型連休で移動が活発化すると都心部から地方への感染拡大が加速しかねないと懸念し、緊急事態宣言の対象区域を全国に拡大。福田知事の呼びかけで今回の会議が実現した。

 メッセージでは、帰省や旅行で県域をまたいだ往来など不要不急の外出自粛や、首都圏などからの北関東3県への来県を見合わせるよう求めた。

 一部パチンコ店が休業要請に従わずに営業を続けていることや大型連休中のホテル旅館の休業状況について、各県で調査を進めて連携し、対応の方向性を見いだしていくことで一致した。

 3県知事は、来県自粛要請による観光客の大幅減を憂慮。北関東の自然の魅力を伝える映像を共同で制作し、感染の収束後に観光のV字回復につなげる方針を確認した。

 このほか、山本知事は、県域をまたいだ移動自粛を求める啓発活動について、鉄道会社などへの要望で3県が協力していくことを提案した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ