PR

ライフ ライフ

仙台市、協力金を拡充 事業者に最大80万円支給

 新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言に伴い、宮城県が遊興施設などに出した休業の要請について、仙台市は24日、市内で複数施設を運営している事業者に対して一律30万円の協力金に、50万円を市独自に上乗せして支給する方針を発表した。

 協力金の支給額は、市内で1施設を運営する事業者には一律30万円に市独自の10万円を上乗せした40万円、複数施設は50万円を上乗せした80万円となる。

 県は25日から5月6日までの期間で休業や営業時間の短縮の要請に応じた事業者に30万円の協力金を支給すると22日に決定。これを受け、市では、市独自に協力金10万円を上乗せする方針を表明していた。

 郡和子市長は「市内で複数店舗を経営する事業者にとっては固定費が大きく、何かできないかと検討してきた。(拡充で)実効性を高めたい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ