PR

ライフ ライフ

3Dプリンターでフェイスシールド製作 データも公開 宇都宮の印刷会社

3Dプリンターで製作したフェイスシールド(みやもと提供)
3Dプリンターで製作したフェイスシールド(みやもと提供)

 印刷会社「みやもと」(宇都宮市中戸祭)が、3Dプリンターを活用したフェイスシールドと呼ばれる医療用防護マスクを開発、販売を始めた。新型コロナウイルス対策の最前線にいる医療現場でフェイスシールドが不足しているとの声を受けて着手したもので、同社の宮本誠社長は「日々深刻な状況と供給不足に少しでも役立てば」と話す。3Dプリンターを持っている人が誰でも製作できるよう、データを無料で公開している。

 フェイスシールドは、プラスチック板などで顔を覆い、飛沫(ひまつ)によるウイルス感染を防ぐ。医療現場で活用されているほか、コロナ禍を受けて窓口業務に携わる自治体職員などにも使用が広がっている。3Dプリンターなど同社が培ってきたノウハウを生かし、3D設計の「プントデザイン室」(同市立伏町)と共同製作した。

 額に直接触れないデザインになっていて女性でも使いやすく、威圧感がないことが特徴。フレームは樹脂製で、3Dプリンターを活用して製作した。シールド部分には透明度の高いポリエステル(PET)フィルムを使用。サイズや装着角度などのカスタマイズにも対応できるという。

 製作に1セット約2時間かかり、早急な納品や大量の注文には対応できないのが目下の課題。今後、プラスチック成形による大量生産を検討している。宮本社長は「樹脂製3Dプリンターを持っている人が、地域で必要としている人にも提供できるように」と、フレームの3Dデータ、シールド部分のカッティングデータを同社のホームページで公開した。

 販売価格は1セット2500円(税別)で5セットからの受付。問い合わせは同社(028・622・5156)。(松沢真美)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ