PR

ライフ ライフ

【動画】買い物は「3日に1回」呼びかけ スーパー密集回避で小池都知事

その他の写真を見る(1/2枚)

 東京都の小池百合子知事は23日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けてスーパーでの密集を回避するために、買い物を3日に1回程度に抑制するよう都民に求める考えを明らかにした。自主休業に一体で取り組む商店街に奨励金を交付するなどの支援策や、スーパーなどの業界団体とも連携して混雑緩和にも取り組む方針も表明した。

 感染リスクがある密閉・密集・密接の「3密」回避に向け、小池氏は25日から5月6日までを「いのちを守るSTAY HOME週間」と位置づけ、外出自粛継続を強く要請。「不要不急の帰省、旅行など他の道府県の移動を自粛し、観光地に行かないようお願いしたい」と訴えた。

 企業には12日間の連続休暇や、出勤抑制やテレワークへの取り組み強化を呼びかけた。都として宿泊施設を活用したテレワークの推進策を実施する意向を明らかにした。買い物客の密集回避に向けた商店街の支援策では、横断幕やチラシの作成、カラーコーン設置などの取り組みには補助金を支出する方針。

 スーパーなど業界団体と連携して取り組む具体例として、混雑しない時間の情報発信▽高齢者や障害者、妊婦らの専用時間帯設定▽買い物カゴの数制限による入店抑制▽曜日や時間帯による特売やポイントアップの中止-などを挙げた。

 小池氏はこれまで買い物に関し「ルールを厳しめに設定する必要がある」との考えを表明。関係者によると、氏名の頭文字で買い物の時間帯を分ける時間割も検討されたが、実施は難しいとして見送られた。

 休業要請に応じないパチンコ店への対応に関しては都幹部が記者会見で、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法45条を適用して、より権限の強い要請を出すことも視野に入れ、営業実態を確認する方針を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ