PR

ライフ ライフ

コロナ禍で在宅医療どうする

 あるご家族さまは「もし自分が感染してしまったら、自分で動けない母をおいて入院になってしまう。この時に母も濃厚接触者になってしまって、ショートステイでは受け入れてもらえない。どうしたらいいだろう。誰も身内はいないですし、要介護5ですべてに介護が必要な濃厚接触者を頼むことなどできないんです」と心配されています。

 本当にこのような場合にはどうすればいいのか。あらかじめケアマネジャーさんと相談しておいてくださいね、と一般的には言われますが、相談されたケアマネさんだって困り果ててしまうでしょう。前例がないことですから。この場合、レスパイト入院(家族が介護を休むための入院)を勧めることになると思うのですが、受け入れ先があるかどうか、という問題もあります。その時になって全力で探す、ということになるでしょう。

 コロナ禍で、一般の入院そのものが難しくなっています。先日も腸閉塞(ちょうへいそく)を起こした患者さんの受け入れ先を探したのですが、見つからず、1時間たって救急要請をし、救急車と私と二手に分かれて探し、さらに30分かかってようやく受け入れ先が決まったということがありました。このようなときに受け入れ病院を確保する難しさ、考えても怖くなりますが、その時にやるしかないなと思います。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ