PR

ライフ ライフ

東京五輪組織委で初のコロナ感染者 30代男性職員

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は22日、東京・晴海の事務局に勤務する30歳代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。男性職員は軽症で、現在、自宅療養中という。組織委職員の感染者判明は初めて。

 男性職員は17日に体調を崩し、20日にPCR検査を受けたところ、21日夕に陽性反応が確認された。最後に出勤したのは16日で、組織委は接触のあった職員数人を自宅待機とするとともに、当該職員が勤務するフロアを閉鎖し、消毒する方針。

 政府の緊急事態宣言を受け、職員約3800人は8日以降、原則として在宅勤務(テレワーク)となり、必須業務を除いてオフィスでの勤務を控えている。組織委は「保健所などの指導のもと感染拡大の抑止に努めるとともに、職員にとって安全、安心な職場環境を維持するために必要な対策を講じていく」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ