PR

ライフ ライフ

【脳を知る】認知症、本人同士話しあえる居場所作り

 この会は、自分が認知症ではないか? と一人で悩んだり、認知症と診断されて、不安や悩みを抱えていたりする方が、不安や悩みを相談したり、楽しみや希望を語り合うという目的のもので、本人同士がみんなでかんがえる会ということで、頭文字をとって「みかんの会」という名前がつきました。

 会では、交流・おしゃべりの他に、脳トレや体操、介護職や専門職との相談もされ、この方も「物忘れしないためにどうしたらいいか」など学ぶことが多かったなど、楽しく会をされていました。また、会を飛び出して、高齢者対象の講演会で自らお話しされたり、最近では地域包括支援センター協力で、地元の中学校や高校に出向いて本人の声として、認知症への意識の普及啓発に活躍されています。

 認知症の増加にともない、政府は認知症施策推進総合戦略を「新オレンジプラン」として、認知症に対する政策に力が注がれるようになりました。その中でも注目される点としては「認知症の人の意思が尊重され」という言葉がつけられています。

 認知症への対応は、今までは介護者に重きがおかれていたところがありましたが、新オレンジプランでは、認知症の人そのものを中心とすることが明記されるようになりました。そのため、地域ごとで「認知症カフェ」など本人も参加できる居場所作りなども進められています。

 認知症の方は、生活の中で、不安や悩み、つらさをもって暮らされています。本人同士が集まって相談したり、話し合える居場所作りが非常に大切なことをひしひしと感じました。(和歌山・橋本市民病院 脳神経外科部長 大饗(おわい)義仁)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ