PR

ライフ ライフ

ウイルス飛散防止に段ボール製パーティション 山形県の製造会社

新型コロナウイルス飛沫防止のため作成した段ボール製パーティション(出羽紙器製作所提供)
新型コロナウイルス飛沫防止のため作成した段ボール製パーティション(出羽紙器製作所提供)

 山形県天童市に工場のある段ボール製造会社「出羽紙器製作所」(東京都板橋区)が、ウイルス飛散防止のために組み立て式段ボール製パーティションを作成した。販売価格は550円と廉価で、同社は「ぜひ、ご利用いただきたい」と話している。

 同社は、自社内のウイルス感染防止のため自社の段ボールを使ってパーティションを製作。取引先でこの自社製段ボールパーティションの話をしたところ、「ぜひうちでも使わせてほしい」と話題となったという。同社が何社かに寄贈したところ、早速、利用され、小林正臣社長は「新型コロナウイルスの感染拡大防止に役立つ」と自信を深め、4月から量産体制に切り替え、販売していくことを決めたという。

 段ボールパーティションは、厚さ5ミリの段ボールを2枚貼り合わせて厚さ10ミリの枠をつくり、中央部にビニールを貼った1面タイプ(幅100×高さ70センチ)と、同じ段ボール3枚でコの字形にした3面タイプ(750円、税込み)を作成した。色は茶と白の2種類用意。段ボールながら1年程度は十分にもつ耐久性があるという。

 小林社長は「もうけるために作ったものではなく、新型コロナウイルスの飛散防止のため、社会に広く役立つものとして販売を考えた」と話している。

 同社は注文を受け次第、翌日には発送したいとしている。023・655・3313。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ