PR

ライフ ライフ

群馬で70代男性が死亡 感染は新たに2人

 群馬県などは19日、新型コロナウイルス感染による集団感染が起きている有料老人ホーム「藤和の苑」(伊勢崎市)に入居していた70代の男性が死亡したと発表した。死者は6人目。また新たに2人の感染を確認、県内の感染者は計122人となった。

 新たに感染が確認されたのは、18日に看護師3人の感染が判明した利根中央病院(沼田市)に勤務する30代の女性看護師(片品村在住)。17日に38度台の発熱があり、その後、受診し、陽性と判明した。濃厚接触者は同居家族5人。

 もう1人は高崎市の10代の男子学生で、14日に37・4度の発熱があり、17日に倦怠感と味覚臭覚の異常を訴え、19日に感染を確認した。濃厚接触者は同居の両親と祖母。3月29日以降は午前中に登校した4月7、9日以外は外出していないという。高崎市保健所では「感染経路は不明」としている。同市での感染確認は10例目となる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ