PR

ライフ ライフ

医療現場の人員・マスク不足深刻 感染リスク…「家族にうつしてしまうのでは」

その他の写真を見る(1/2枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、医療の最前線で感染患者の命を救う看護師らの労働・生活状況が厳しさを増している。マスクや防護服などの深刻な不足に見舞われる中、一刻を争う医療現場の対応に追われ、院内感染の恐怖が常につきまとう。一方で、休校措置が続く子供のために仕事を休まざるを得なくなる人もおり、職場環境の悪化を招いている。周囲から家族が差別的扱いを受けているとの悲痛な訴えも出ている。

 「まだ軽症者が多く、ナースコール越しでも対応できるが、重症者が増えれば、マスク、ゴーグル、ガウンを身に着けて頻繁に病室へ入らなければいけない。自分も感染してしまうという恐怖心は強い」

 東京都内の病院で働く看護師の女性(45)は、不安をぬぐい切れない。入院患者は日々増え続け、女性が働く一般病棟も新型ウイルス専用病棟に切り替わった。今後は重症者でベッドが埋まることも予想される。頻繁なたんの吸引作業や介護支援、人工呼吸器の管理などの負担が格段に増す。

 受け持つ病棟のベッドは約40床で、担当の看護師は20人弱。妊娠や持病を抱えるなどの理由で、別の病棟へ異動となった同僚らの補充はないままだ。週1~2回の夜間勤務は看護師3~4人で維持している。

 女性は普段朝6時半には家を出て、帰宅できるのは夜7時ごろ。どんなに疲れていても家に帰れば、小学生と中学生の子供の育児や家事も待っている。

 「マスクは使い捨てが理想だけど、今は1日1枚。このままの勤務環境が続けば、家庭にウイルスを持ち込み、家族にうつしてしまうのではないか」。緊張感は常に消えない。

×××

 経済協力開発機構(OECD)によると、日本の病床100床当たりの臨床看護職員数(2016年)は86・5人。スウェーデン466・1人、アメリカ419・9人など他の先進国と比べ、人員の圧倒的な少なさが際立つ。

 日本看護協会は人員不足に対応するため、資格を持つものの勤務していない潜在看護師の復職支援を進めるが、窮状は続く。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ