PR

ライフ ライフ

ANAスタッフがフェイスシールド製作 コロナ感染防止策

国際線搭乗口などで勤務するANAの社員が着用するフェイスシールド。新型コロナウイルスによる航空機の減便を受け、同社のグランドスタッフが時間を活用しクリアファイルやひもなどを材料に製作している=17日午後、東京・羽田空港(鴨川一也撮影)
国際線搭乗口などで勤務するANAの社員が着用するフェイスシールド。新型コロナウイルスによる航空機の減便を受け、同社のグランドスタッフが時間を活用しクリアファイルやひもなどを材料に製作している=17日午後、東京・羽田空港(鴨川一也撮影)

 全日空(ANA)は新型コロナウイルスへの感染防止策として、一部の職員が羽田空港でフェイスシールドを着用する。17日には製作の様子を公開した=写真(鴨川一也撮影)。

 新型コロナによる航空機の減便を受け、ANAのグランドスタッフが時間を活用して製作。クリアファイルやひもなど手に入りやすい材料を用いている。

 搭乗口での業務のほか、同日から羽田空港で始まった搭乗客の体温測定で、37・5度以上と測定された搭乗客に、利用の自粛を促し、保健所への相談を勧める内容のチラシを渡す際などにも着用するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ