PR

ライフ ライフ

「越県レジャーやめて」週末控え知事ら苦言 監視部隊も

 緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大した。範囲を広げた理由の一つには、都市部からの人の移動によりクラスター(感染者集団)が発生し、感染が拡大している傾向がうかがえることがある。これまでも、都市部から地方へ人が動く「コロナ疎開」を牽制(けんせい)する声が上がったり、近隣県のパチンコ店へ行く「越県パチンコ」が問題視されたりしていた。感染拡大を食い止めるためには、これまで以上に危機感を持って行動することが求められる。

「大阪」ナンバー

 今月15日、奈良県内にある郊外型の大手パチンコチェーン店をいくつか訪れると、いずれも「大阪」「和泉」「堺」など大阪ナンバーの自動車が並んでいた。少なくない数だった。

 奈良県内で中規模パチンコ店を経営する男性は「感染拡大の影響で売り上げは約3割減った。休業期間が長引けば、体力がないパチンコ店の多くが廃業する」と苦しい事情を打ち明けつつ、「社会的なことを考えると、県外からの流入は好ましくない。スタッフの感染リスクも上がる」と心配する。

オーバーシュート懸念

 大阪府の吉村洋文知事も17日記者団に対し、週末を迎えることも念頭に「都道府県の枠を越えてレジャー施設やパチンコ店などへの外出はぜひ控えてもらいたい」と強調した。

飲食店が連なる京都・先斗町は閑散としていた=17日午後、京都市中京区(永田直也撮影)
飲食店が連なる京都・先斗町は閑散としていた=17日午後、京都市中京区(永田直也撮影)

 吉村氏はこれに先立つ全国知事会の対策本部会議でも府外への移動自粛を呼びかけると表明。16日にも「(パチンコをしたい)お客さんが大阪や兵庫を越えて、和歌山や奈良に行っていると聞く。ぜひ控えてほしい」と訴えていた。

 都市部に比べて医療態勢が充実していない地方でオーバーシュート(爆発的患者急増)が発生すれば、重症者の病床を確保できない非常事態も懸念される。

 吉村氏は17日、「元気に動いている人が感染を広げないことが重要だ。『ずっと』といわれたら無理かもしれないが、『5月6日まで』と期限を区切っている。どうしても、ということ以外の移動は避けてもらいたい」と重ねて訴えた。

職員「見回り」も

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ