PR

ライフ ライフ

子供たちに図書カード1人2000円分 大阪府の補正予算

大阪府庁
大阪府庁

 大阪府の吉村洋文知事は15日の記者会見で、新型コロナウイルス対策として、総額26億円の今年度補正予算を専決処分したと発表した。政府の緊急事態宣言を受けて外出を自粛する府民らを支援しようと、食事の出前利用にポイント還元する事業費1億5千万円や府内の児童・生徒ら約100万人に配る図書カード費用20億円を盛り込んだ。専決処分は14日付。

 府は15日、出前代行業者にNTTドコモと出前館、LINEの3社が決まったと明らかにした。いずれも宅配注文サイトを運営している。ポイント還元は千円以上の出前注文を電子決済した府民を対象に一律500円分とし、費用は府と事業者で折半する。

 休校が続く子供たちの家庭学習を支援するため、府内の幼稚園と小中高校などに1人2千円分の図書カードを配る。教員が家庭訪問などの際、子供たちに直接渡して健康状態を確認し、心のケアにも努める。

 外出自粛の長期化で高齢者や障害者の安否確認のほか、ドメスティックバイオレンス(DV)への対応も課題となる。府は高齢者らの見守り支援や臨時シェルター(避難先)としてのホテル借り上げの費用などに約4億4千万円を充てた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ