PR

ライフ ライフ

茨城・つくばみらい市で園児に「お相撲さんマスク」 立浪部屋寄付の浴衣生地で作成

手作りマスクを小田川市長に寄贈する協議会のメンバー=15日午前、つくばみらい市役所(篠崎理撮影)
手作りマスクを小田川市長に寄贈する協議会のメンバー=15日午前、つくばみらい市役所(篠崎理撮影)

 新型コロナウイルスの感染予防に役立ててもらおうと、茨城県つくばみらい市の大相撲立浪部屋が寄付した力士の浴衣生地などで作られた布製マスク2500枚が15日、同市に届いた。力士のしこ名や和風の模様が入った色とりどりの布地でできており、市は市内の保育所や学童保育の子供たちに無償配布する。

 マスクを作ったのは、つくばみらい市ボランティア連絡協議会に登録しているボランティアら約30人。立浪部屋から贈られた新しい浴衣用の木綿の生地に加え、購入したガーゼななどを使って、約1週間かけて子供用約2200枚、大人用約300枚のマスクを作った。市内の保育所と幼稚園に在籍する0~5歳児らに配布する予定だという。

 マスクを市役所に届けた協議会の古舘(ふるだて)千恵子会長(72)は「お相撲さんの使う浴衣を思い浮かべて、繰り返し使ってほしい」と呼びかけている。小田川浩市長は「子供用マスクの不足は深刻で本当にありがたい。急ぎ届けたい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ