PR

ライフ ライフ

沖縄県、感染女性は看護師 新たに9人確認

新型コロナウイルス(黄色)の電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)
新型コロナウイルス(黄色)の電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)

 沖縄県は12日、新型コロナウイルスに感染した50代女性が県南部の福祉施設に勤務する看護師だと発表した。県南部保健所が調査したところ、施設内での濃厚接触者は確認されなかったという。また、県内の30代~80代の男女9人が感染したことを確認したと発表した。これで県内の感染者数は65人に上る。

 看護師の女性は11日に感染が発表されたが、職業は調査中とされていた。2日に発熱や味覚・臭覚に異常があり、9日に医療機関で受診して検査のため検体を採取された。

 一方、12日に発表された患者のうち、感染経路が分かっていないのは5人。糸数公保健衛生統括監は同日の記者会見で「10日から家族内感染が増えている。消毒をしないでウイルスが残っている可能性もあるので、家庭内で触れたところをまめに消毒する作業が必要だ」と呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ