PR

ライフ ライフ

福島市の保育園児1人感染 県内計38人に

記者会見する福島市の木幡浩市長=12日、福島市役所(芹沢伸生撮影)
記者会見する福島市の木幡浩市長=12日、福島市役所(芹沢伸生撮影)

 福島市は12日、市内の保育園に通う男児1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。福島県内で未就学児の感染は初めてで、感染確認は38人になった。

 男児の父親は、クラスター(感染者集団)が発生した二本松郵便局(福島県二本松市)勤務で、11日に感染が確認されている。男児は濃厚接触者としてPCR検査を受け陽性になった。男児に症状は出ていないが、県内の医療機関に入院した。ほかの同居家族2人は陰性だった。

 男児が通う保育園では消毒などを行うため、13日から16日まで休園することを自主的に決めた。男児は9日まで通園していたが発熱などの症状は出ておらず、福島市では「(保育園内で)感染の広がりが懸念される状況ではない」(木幡浩市長)としている。

 男児が通う保育園は0歳児から6歳までの子供を預かっている。同市の保健所関係者は男児について「体調がおかしければ、報告できる年齢」としている。

 二本松郵便局関係者の感染は、12日までに職員9人、退職した元職員1人、職員の家族4人、職員家族の同僚1人の計15人が確認されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ