PR

ライフ ライフ

【編集者のおすすめ】『日本の政治をダメにしたのは誰だ!』氷川貴之著 知られざる野党議員の実像

 日本の政界の内幕に関してはさまざまな事情通による本が巷にあふれています。政治家本人が自画自賛でつづる自叙伝の類から、新聞記者、ジャーナリストによる暴露本まで。本書はそれらとは一味違った政界リポートです。

 まず、野党に焦点をあてています。「安倍一強」を前にして、モリ・カケのあとは「サクラ」問題で重箱の隅をつつくしかノウのない野党。新型コロナウイルスの問題が浮上しても、まだサクラ追及でした。そのココロはどこにあったのか。要はそんな追及ゴッコを礼賛してくれる一部メディアがあってこそのパフォーマンスだったのです。

 そして、テレビや新聞の表向きの報道では見ることのできない「知られざる野党議員たち」の実像を、著者は鋭い筆致で暴いています。枝野幸男、玉木雄一郎、辻元清美、蓮舫、志位和夫…野党の領袖(りょうしゅう)や有力議員の「生の発言」を的確に引用しながら野党間の内ゲバともいうべきドタバタ劇の舞台裏が再現されます。

 その寸鉄人を刺す切れ味には感嘆。さらにユーモア感覚あふれる筆致で三文芝居も面白く読め、政界の事情通になれること間違いなし!

 「長期政権の驕(おご)り」よりも怖いのが「万年野党の堕落」と「野党ウイルス」です。日本の国会・政界を覆うこの閉塞(へいそく)的で呪われた状況を打破するにはどうすべきか。健全な野党の台頭を期待するがゆえの著者の叱声に、批判されている野党議員はむろん、与党議員も国民も耳を傾けてほしいものです。(ワック・900円+税)

 ワック「歴史通・書籍」編集長 仙頭寿顕

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ