PR

ライフ ライフ

山形・銀山温泉が営業休止 新型コロナ対応

 新型コロナウイルスの感染拡大に対する政府の緊急事態宣言を受け、300年近い歴史を誇る山形県尾花沢市の銀山温泉は10日から、温泉街全体で営業を休止した。休止はゴールデンウイーク最終日の5月6日までの予定。

 山間にある同温泉には11軒の旅館と共同浴場2カ所、商店2軒があり、県内外から年間40万人程度が訪れる人気の温泉地。ただ、県内では10日夜の時点で32人の感染が確認されており、宿泊客や日帰りの利用者らの安全と健康を最優先に休止を決断したという。

 旅館などは家族経営が多いこともあり、銀山温泉組合の木戸裕組合長は「温泉街に住んでいる私たちの健康も守ることが、銀山温泉を続けていくことになると考えた」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ