PR

ライフ ライフ

感染リスク減らす 保育の受け入れを限定的に 神戸市

保育所で子供の受け入れの職種を限定的にした「特別保育」について説明する市担当者=神戸市中央区
保育所で子供の受け入れの職種を限定的にした「特別保育」について説明する市担当者=神戸市中央区

 神戸市は10日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、保育所や学童保育施設で受け入れる子供について、医療従事者などの職種を対象とした「特別保育」に切り替えると発表した。14日~5月6日まで。

 市によると、数日間で市内の感染者数が増加していることから、接触の機会を減らす目的で実施する。対象者は医療従事者や警察、消防、介護などの職種としているが、明確な基準は定めず、家庭で保育できない事情があれば各保育所の判断で預かりを継続するという。保育が必要な利用者には職種や勤務先、保育時間などを記入する「特別保育申出書」を提出してもらう。施設を利用している市職員については、在宅勤務を促して原則、家庭保育を行うとしている。

 また、自宅で過ごすことができない幼児や児童の受け入れを行っている学校園についても同様の措置を取る。

 市担当者は「利用者をシャットアウトするわけではなく、柔軟な対応をして、真に必要な人に利用していただきたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ