PR

ライフ ライフ

大相撲の力士が初のコロナ感染 幕下以下、4日に発熱

国技館=東京都墨田区(本社ヘリから、彦野公太朗撮影)
国技館=東京都墨田区(本社ヘリから、彦野公太朗撮影)

 日本相撲協会は10日、大相撲幕下以下の力士1人が、新型コロナウイルスに感染したことを発表した。この力士は東京都内の病院に入院している。大相撲力士の同ウイルス感染が判明するのは初めて。

 芝田山広報部長(元横綱大乃国)によると、力士は今月4日に発熱。2日程度していったん下がったが、その後再び熱が上がったという。倦怠感(けんたいかん)や息苦しさ、血痰(けったん)の症状もあった。

 8日に都内の病院で簡易検査を実施した際は陰性だった。9日に精度の高いPCR検査を受け、10日に陽性との検査結果が出た。

 同じ相撲部屋に在籍する力士らは症状は出ていない。この部屋は稽古を自粛し、外出せずに待機しているという。

 5月24日に初日を迎える夏場所(両国国技館)について、芝田山部長は「世の中の状況も緊迫している。どういう方向性に持っていくか、会議の中で決めていかないと」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ