PR

ライフ ライフ

将棋・ヒューリック杯棋聖戦準決勝を延期

菅井竜也八段との対局に勝ち、感想戦に臨む藤井聡太七段=3月31日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(沢野貴信撮影)
菅井竜也八段との対局に勝ち、感想戦に臨む藤井聡太七段=3月31日午後、大阪市福島区の関西将棋会館(沢野貴信撮影)

 産経新聞社と日本将棋連盟は8日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、将棋のタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖(きせい)戦」の決勝トーナメント準決勝を5月6日以降に延期することを決めました。

 準決勝は、16日に永瀬拓矢二冠-山崎隆之八段、17日に藤井聡太七段-郷田真隆九段対佐藤天彦(あまひこ)九段の勝者の対局が東京・将棋会館で予定されていました。いずれも東京所属と関西所属の棋士の対戦で、長距離移動する棋士の感染リスクを減らすためには延期が適切と判断しました。

 同連盟は他棋戦についても同様に、遠征を伴う対局の延期を決めました。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ