PR

ライフ ライフ

転倒での搬送きっかけに一家4人と同僚の感染判明 山梨

山梨県庁=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)
山梨県庁=甲府市丸の内(渡辺浩撮影)

 山梨県で、転倒して救急搬送された80代女性をPCR検査して新型コロナウイルス感染が確認されたことがきっかけで親族3人の感染が分かり、さらに、うち1人の同僚が既に感染が確認されていたことも判明した。

 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は6日に甲州市の自宅で転倒し、意識レベルの低下があったため救急車で運ばれ、急性硬膜下血腫と診断されて入院。胸のエックス線検査とCT検査で肺炎の所見があったため、7日にPCR検査をしたところ陽性だった。

 女性の同居親族を検査したところ、8日に50代男性、50代女性、20代女性の感染が分かった。このうち50代男性は、7日に感染が分かった富士川町在住の60代男性と同じ勤務先だったため、感染推定ルートがつながった。

 山梨県内では、意識障害で搬送された20代男性や心肺停止で搬送された0歳女児をPCR検査したところ陽性だったケースがあった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ