PR

ライフ ライフ

群馬・山本知事 先手の判断で外出自粛要請「知事の責任」

群馬県の山本一太知事=県庁(柳原一哉撮影)
群馬県の山本一太知事=県庁(柳原一哉撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大に対する政府の緊急事態宣言発令に伴い、群馬県の山本一太知事は7日夜の臨時会見で、県内での不要不急の外出自粛を県民に要請。8日の定例会見で「宣言の対象地域となった東京都など7都府県の状況によっては(近接する)県内で一気に感染者が増えてくる」と述べ、先手の判断だったとの考えを示した。

 県内の感染者は7日に未就学児を含む女性3人が新たに確認され、計29人(うち1人が死亡)となった。宣言の対象地域に比べると少ないが、山本知事は「事態が切迫している東京や埼玉両都県とは往来もあり、最悪の事態を想定すべきだ」と指摘した。

 その上で、「対象地域への指定回避を目標に、最大限努力することが感染者を減らし県民の命を守ることになる」と説明。「もし指定されれば今まで以上に県民に負担をかける。知事の責任で判断した」と外出自粛要請の必要性を強調した。要請を解除する時期は明言しなかった。

 山本知事はこれまでも再三、指定回避に向け全力を挙げると表明してきた。だが、さらなる感染拡大で指定が免れない場合も想定され、その場合に自身の政治責任を問われる可能性については、「県民の皆さんにいろいろなご判断があるかもしれない」と述べるにとどめた。

 また、山本知事は外出自粛要請に伴う人出の変化を把握する意向を表明。スマートフォンの位置情報などのビッグデータ解析といった手法を念頭に「IT活用などにより(自粛要請の)効果の検証を検討していく」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ