PR

ライフ ライフ

12日まで臨時休校を要請 和歌山県・県教委 

 新型コロナウイルスの感染防止策として、和歌山県と県教委は7日、県立学校を12日まで一斉に臨時休校にすると発表した。市町村と私立の学校に対しても同様の要請をした。来週以降の再開の可否は10日までに改めて判断する。再開に向け、児童生徒の健康管理徹底など保護者向けの要請も合わせて公表した。

 隣の大阪府などに緊急事態宣言が発令され、仁坂吉伸知事は会見で「県内でも患者が増えてきたため、今週いっぱいは様子をみる」と臨時休校の理由を説明した。

 県と県教委は、12日までの一斉臨時休校などの方針を決めたほか、再開にあたっての要請もまとめ、公表した。県立学校のほか、私立学校や、市町村の小中学校などにも同様に要請。感染が拡大傾向の大阪府からの通学者が多い学校については、府の取り扱いに合わせた休校を要請する。

 再開にあたって保護者向けには、児童生徒を毎朝検温し、健康観察票に記入して学校に提出するほか、高校の生徒ホール(学食)の密集を避けるため昼食は可能な限り弁当持参を呼びかけた。

 県教委の宮崎泉教育長は「感染者が各地で増えていく中で、状況を見極めるうえでも休校の延期は適切な措置。再開についても慎重に協議していきたい」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ