PR

ライフ ライフ

コロナ軽症者療養のホテル「東横イン」を公開 東京都が借り上げ 

東横イン東京駅新大橋前に物資を運び込む自衛隊員=7日午前、東京都中央区
東横イン東京駅新大橋前に物資を運び込む自衛隊員=7日午前、東京都中央区

 東京都は7日、新型コロナウイルスの無症状や軽症の感染者らの受け入れ先となるホテル「東横イン東京駅新大橋前」(東京都中央区)を公開した。より症状の重い感染者に病床を優先し、医療崩壊を防ぐ狙いがある。軽症者らは同日から、都が借り上げたホテルに順次移り、最終的に100人程度が収容される。

 「居室内でお過ごしいただき、出歩かないようお願いします」

 ホテルのフロントや廊下には、こう書かれた入居者向けの紙が張られ、受け入れに向けた準備が着々と進んでいた。ホテル前では、災害派遣要請を受けた自衛隊車両が並び、隊員らは水が詰め込まれた段ボールの運搬や、感染者とスタッフらを隔てるパーテーションの設置作業などに追われていた。

 報道陣に公開されたのは、食事を受け取る1階のフロントと4階の居室。感染者が入るのは、4階以上の居室で、医師や都の職員、ホテルスタッフらは2階に常駐する。この日は、午後から約10人が順次ホテル入りする予定だという。

 入居者は基本的に食事の受け取りのときだけ部屋を出ることが許される。職員が弁当を準備して退避した後、館内放送で呼びかけるため、「職員と感染者は対面しないようになっている」と都の担当者。1日2回の体温測定の結果は、電話で看護師に報告。このほかの要望についても電話でやり取りする。

 ホテル滞在の対象となるのは、24時間以内に37・5度以上の発熱がない感染者。移送や食事などの費用は公費で賄う。担当者は「より重症の方がきちんと医療を受けられる態勢を整えたい」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ