PR

ライフ ライフ

神奈川県職員が感染、藤沢合同庁舎を閉鎖し消毒へ 新型コロナ

県職員の感染を公表する神奈川県の健康医療局長(中央)ら=5日、県庁
県職員の感染を公表する神奈川県の健康医療局長(中央)ら=5日、県庁

 神奈川県は5日、県藤沢合同庁舎(藤沢市)に勤務する50代の男性職員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同県職員の感染確認は初。

 県によると、男性は県土整備局の藤沢土木事務所に所属。同事務所は合同庁舎内にあり、男性は土木事業者などに対する窓口業務にあたっていた。

 男性は1日夜に39度の発熱と倦怠感を覚え、2日はのどの痛みを覚えた。3日にPCR検査を実施し、5日に陽性が判明した。発熱後は出勤しておらず、庁内での濃厚接触者はいないとみられる。居住地は東京都内で、通勤には電車を利用していたという。

 職員の感染判明に伴い、県は、6日に藤沢合同庁舎を終日閉鎖し、消毒を行う。7日以降の業務再開は検討中。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ