PR

ライフ ライフ

大阪拘置所の40代刑務官が感染 矯正施設で初

 法務省は5日、大阪拘置所(大阪市都島区)の40代の男性刑務官(兵庫県在住)が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陽性反応を示したと明らかにした。刑務所や拘置所、少年院などの矯正施設での感染は初めて。

 法務省矯正局によると、刑務官は2日、発熱や倦怠(けんたい)感の症状があったため外部の医療機関を受診し、5日に陽性と確認された。刑務官はマスクを着用し、拘置所では刑が確定した4人の受刑者を受け持っていたという。

 法務省は大阪拘置所に対し、この刑務官と接触した受刑者ら被収容者の隔離と同僚職員の自宅待機、施設内の消毒などを指示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ