PR

ライフ ライフ

運輸業界で感染続出…山形のヤマト、東京・青梅の日本郵政でも

新型コロナウイルス粒子の電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)
新型コロナウイルス粒子の電子顕微鏡画像(米国立アレルギー・感染症研究所提供)

 ヤマト運輸は5日、山形県高畠町の「南陽支店」に勤務する配達担当の20代の男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染源が特定できておらず、支店の全ての社員と派遣社員の約40人を自宅待機とした。高畠町と同県南陽市の一部で宅配便に遅れが出る可能性があるという。

 日本郵政も5日、東京都青梅市の青梅郵便局で、宅配便ゆうパックの集荷や配達業務を委託している外部の50代男性が感染したと公表。既に引き受けた青梅市宛ての郵便物などの配達に「遅れが発生する」と説明している。

 ヤマト運輸では消毒作業のため、南陽支店窓口での受け付け業務を停止した。再開時期は未定。この男性社員は現在は自宅療養中。3月30日の勤務中に体調不良を訴え、31日から休んでいたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ