PR

ライフ ライフ

沖縄県知事「フェーズ変わった」 県内で新型コロナ6人

沖縄県内6人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表する玉城デニー知事=4日午後、県庁
沖縄県内6人に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表する玉城デニー知事=4日午後、県庁

 沖縄県は4日、県内の6人が新たに新型コロナウイルス検査で陽性だったと発表した。県内で一日に陽性が判明した人数としては過去最多となる。玉城デニー知事は4日の対策本部会議で「県内の新型コロナウイルス感染のフェーズが変わった」と述べ、3月13日に解禁していた県主催のイベント開催を再び自粛する方針を示した。

 県によると、陽性反応が出たのは20~90代の男女6人で、1人は重症のため集中治療室に入っている。1人は再検査して感染の有無を確認する。また、6人のうち3人は感染経路が分かっておらず、玉城氏は「県内で市中感染が広がっている可能性もある」と述べた。

 沖縄県では17人に陽性反応が出たことになる。3日には県職員の感染も確認され、濃厚接触の可能性がある職員約30人が14日間の自宅待機を命じられているほか、玉城デニー知事を含む全職員が14日間の健康観察を受けている。

 また、スペインから帰国した後に成田空港で検査を受け、県内に帰った後に陽性が判明した患者が1人、米軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)の米空軍兵士ら3人の感染も確認されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ