PR

ライフ ライフ

【新型コロナ】「#休園中の動物園水族館」 動物たちの元気な姿で癒やされて

その他の写真を見る(1/3枚)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため臨時休園の続く全国各地の動物園や水族館が、動物たちの画像や動画を、SNSで共通のハッシュタグ「#休園中の動物園水族館」を付けて発信している。京都水族館(京都市)の提案で近畿の各施設が連携して始めたもので、取り組みは関東にまで拡大。休園中も元気に過ごす動物たちの姿は「癒される」と好評だ。(藤井沙織)

 「オオサンショウウオのごはんの時間です。ご査収ください」「『おはようございまーす!』と元気に挨拶するペンギン!?」

 予想外の素早さでエサをバクンと食べる京都水族館のオオサンショウウオに、気を付けの姿勢からペコリとお辞儀する海遊館(大阪市)のオウサマペンギン。「#休園中の動物園水族館」は、全国の動物園や水族館で暮らす動物たちの愛らしい姿であふれている。バックヤードの様子など、普段は見られないシーンも盛りだくさんだ。

 ハッシュタグ(特定の話題に関する投稿を一覧表示できる機能)を提案した京都水族館は、2月末から休園した。多くの動物園や水族館は、以前からぞれぞれにSNSで動物たちの様子を発信していたが、「共通のハッシュタグで盛り上げられれば、よりたくさんの人に楽しんでもらえるのでは」と考え、海遊館など近畿の動物園、水族館に連携を提案。賛同の声はすぐに集まり、3月上旬から投稿が始まった。「癒される」「ずっと見ていられる」と好評で、スタッフを励ます声も寄せられている。

 取り組みの輪は広がり、上野動物園(東京)やサンシャイン水族館(同)など関東勢も次々と参加。埼玉県こども動物自然公園は、スタッフ4人が撮影したカピバラの写真の中から、ユーザーにベストショットを決めてもらうというコンテストも企画した。

 感染予防のために外出がままならず、気持ちも沈みがちだが、京都水族館の松本克彦館長は「たくさんの人に、いつもと変わらず元気ないきものの様子をお家で楽しんでいただければ」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ