PR

ライフ ライフ

幼児の姉弟、介護職ら12人感染 横浜市で一日最多 新型コロナ

 横浜市は3日、市内在住の6歳未満の幼児2人や介護職などを含む男女12人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表した。一日に発表した市内の感染者数では最多。

 市によると、6歳未満の幼児2人は姉弟で、幼稚園や保育園には在籍していないという。父親の30代男性も陽性が判明し、母親の検査も進めている。

 また、介護職の60代女性は、市内グループホームに勤務。3月28日の夜間に発熱し、4月2日に陽性が判明した。3月28日は出勤していたといい、濃厚接触者は入居者計9人。

 ほかには、いずれも市内在住で、40代女性=医療従事者▽20代女性=薬剤師▽50代男性=調査中▽40代女性=無職▽30代男性=会社員▽40代男性=会社員▽80代男性=調査中▽50代女性=無職-の計8人。

 このうち、医療従事者の女性は市内の医療機関に勤務。市内で過去に確認した感染者の診療に携わっていた。また、薬剤師の女性は県内の病院に勤務しており、東京都内の感染者の家族という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ