PR

ライフ ライフ

ABC予想の新理論「ゼロから構築」 京大が称賛 望月氏は姿見せず 

京都大学数理解析研究所の望月新一教授による「ABC予想」に関する論文が学術誌に掲載されることになり、オンラインで会見する柏原正樹・同研究所特任教授(右)と玉川安騎男・同教授=3日午後、京都市左京区の京都大学(永田直也撮影)
京都大学数理解析研究所の望月新一教授による「ABC予想」に関する論文が学術誌に掲載されることになり、オンラインで会見する柏原正樹・同研究所特任教授(右)と玉川安騎男・同教授=3日午後、京都市左京区の京都大学(永田直也撮影)

 数学の重要な未解決問題だった「ABC予想」を証明した京都大の望月新一教授。論文が学術誌に掲載されることが決まり、同大は3日、会見を開いたが、望月氏は姿を見せなかった。

 会見したのは共同で編集委員長を務めた柏原正樹特任教授と玉川安騎男教授。望月氏が欠席した理由について質問が出ると、玉川氏は「審査の公正を期して、(編集作業の)最初から完全に望月さんを排除した。本日は編集委員会としての会見だ」と説明した。

 その後も望月氏の人物像や論文掲載への反応などについて質問が相次いだ。メディア側は晴れ舞台への出席を求めたが、出たくないと本人が断ったという。

 新しい数学を切り開いた望月氏の研究姿勢については、玉川氏は「とにかく徹底的に何かをする。ゼロから理論を構築していくのが彼のスタイル」と語った。

 難解な論文は600ページを超えた。柏原氏は「査読に7年あまりを要し、ものすごく大変な作業だった」と、ほっとした表情をみせた。

 論文の出版時期は未定だが、玉川氏は「若い方が興味を持って読んでくれれば。これを機に日本でも世界でも研究が活性化すれば喜ばしい」と期待を寄せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ