PR

ライフ ライフ

露の非稼働態勢、4月末まで延長 プーチン大統領が表明

プーチン大統領=モスクワ(タス=共同)
プーチン大統領=モスクワ(タス=共同)

 【モスクワ=小野田雄一】ロシアのプーチン大統領は2日、露国営テレビを通じ、露国内でも感染が拡大している新型コロナウイルス対策として3月28日から全国で実施している非稼働態勢を当初予定の4月5日までから30日までに延長すると表明した。感染状況が改善された場合、期間短縮もありうるとしている。

 プーチン氏は「ウイルスのリスクを減らすために最も重要なことは、国民が団結して社会的な責任を果たし、互いに支え合うことだ」などと述べ、非稼働態勢延長への理解を求めた。

 プーチン氏は3月25日、同月28日から4月5日まで全国で非稼働態勢を取ると発表。対象外とされた病院や薬局、食料・日用品店などを除き、多くの企業や飲食店が休業に入った。しかし、その後も感染が拡大していることから、プーチン氏は非稼働態勢の延長を決めたとみられる。

 ロシアでは3月中旬まで新型コロナウイルス感染者数は100人以下だったが、検査態勢の拡大などで急増。4月2日時点で感染者数は前日比771人増の3548人となり、これまでに30人が死亡している。

 感染者数の約7割を占める首都モスクワ市は3月30日から全市民に対する外出制限を実施。同様の措置を取る他の連邦構成体(自治体)も相次いでいる。

 新型コロナウイルス対策として、ロシアはこれまでに外国人の入国を原則禁止したほか、輸入品の検疫などを強化している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ