PR

ライフ ライフ

【皇室ウイークリー】(635)愛子さま、宮中三殿に卒業ご報告 上皇ご夫妻、仙洞仮御所にご入居

仙洞仮御所に入られる上皇ご夫妻=3月31日午後、東京都港区(代表撮影)
仙洞仮御所に入られる上皇ご夫妻=3月31日午後、東京都港区(代表撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 天皇陛下は1日、宮中三殿で、国民の安寧を祈る「旬祭」に臨まれた。旬祭は毎月1、11、21日に行われており、陛下は昨年5月の即位後、地方訪問で都外に滞在中の場合などをのぞき、原則として月初めの1日に拝礼されている。皇后さまは終了まで、お住まいの赤坂御所で慎み深く過ごされた。

 両陛下の長女、敬(としの)宮(みや)愛子さまは3月31日、学習院女子高等科を卒業したことを歴代天皇や皇族を祭る宮中三殿に報告するため、皇居を訪問された。女子高等科の制服姿の愛子さまは午前10時15分ごろ、皇居・半蔵門を車で通過する際、集まった沿道の人々らから「おめでとうございます」と声をかけられると、笑顔で手を振り、「ありがとうございました」と応じられていた。

 愛子さまは22日に高等科の卒業式に出席されていた。今月、学習院大に進学し、文学部日本語日本文学科で学ばれる。

 代替わりに伴う引っ越しで、御料牧場(栃木県高根沢町)に滞在していた上皇ご夫妻は3月31日、仮住まい先の高輪皇族邸(東京都港区)に入られた。入居後は「仙(せん)洞(とう)仮御所」と呼ばれ、最終的に赤坂御用地内に転居するまで、最長約1年半を過ごされる。

 ご夫妻は午後4時ごろ、高輪皇族邸の正門に車でご到着。新型コロナウイルス対策として、お二方ともマスクを着け、集まった近隣住民らに手を振って応えられた。仙洞仮御所は地上1階、地下1階の鉄筋コンクリート造りで、延べ床面積は1592平方メートル。食堂や大広間があり、庭には「エンプレスミチコ」「プリンセスミチコ」「プリンセスサヤコ」の3種のバラや、ご夫妻が皇居で育てられたハマギクやユウスゲなどの草花が移植された。

 ご夫妻は3月19日に皇居・吹上仙洞御所をご出発。業者による引っ越し作業などのため、葉山御用邸(神奈川県葉山町)と御料牧場に滞在されていた。宮内庁は今後、天皇ご一家のご入居に向けた吹上仙洞御所の改修を始める。天皇ご一家が皇居に転居された後、今度は現在の赤坂御所のバリアフリー化など改修工事が行われ、上皇ご夫妻が入居される。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ