PR

ライフ ライフ

感染の看護師、居酒屋バイトは無断

新型コロナウイルス感染が確認された居酒屋店員が看護師として働いていた恵信甲府病院=2日、甲府市上阿原町(渡辺浩撮影)
新型コロナウイルス感染が確認された居酒屋店員が看護師として働いていた恵信甲府病院=2日、甲府市上阿原町(渡辺浩撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 甲府市丸の内の居酒屋「三ツ星マート甲府駅前店」の店員3人が新型コロナウイルスに感染していた問題で、2番目に感染が確認された20代の看護師男性が病院に無断で同店でアルバイトしていたことが分かった。

 男性が勤務していたのは甲府市の恵信甲府病院。山梨県は「看護助手」と発表したが、病院は「看護師の資格を持つ看護職員」としている。

 病院を運営する法人の宮川修本部長によると、長時間労働で本業の医療業務に支障が出る恐れがあるため副業は禁止している。男性はアルバイトを届け出ていなかったため、病院側は把握していなかった。

 県は患者や職員などに濃厚接触者がいなかったか調べている。宮川本部長は「ご迷惑をお掛けして申し訳ない。行政と感染症専門家の指導を受けながら、院内感染防止対策を進めている」と話した。

 男性は、居酒屋店員で最初に感染が確認された20代女性の発症後は同じ時間帯に勤務しておらず、濃厚接触者とされていなかったが、不安になり、3月31日にPCR検査を受けたところ陽性だった。

 山梨県では、感染が確認された60代会社員男性がコンビニエンスストアでのバイトを保健所に隠していた事例があったが、看護師男性は当初から両方の仕事を保健所に明らかにしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ