PR

ライフ ライフ

東寺長者に飛鷹師

 真言宗総本山教王護国寺(東寺、京都市南区)は、住職にあたる第257世長者に、高野山三宝院(さんぼういん)(和歌山県高野町)住職の飛鷹(ひだか)全隆(ぜんりゅう)師(77)が就任すると発表した。任期は7月21日から4年間。東寺真言宗第3世管長も兼務する。前任の砂原秀遍(しゅうへん)師が昨年7月死去して以降、空席となっていた。

 飛鷹師は愛媛県出身で、高野山大大学院修了。昭和44年から三宝院住職を務めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ