PR

ライフ ライフ

東京都が居住地別の感染者数公表、最多は世田谷区44人

 東京都は1日、都内の区市町村の新型コロナウイルス対策に役立ててもらうため、これまで確認してきた感染者の居住地別の内訳を明らかにした。3月31日までの集計で、世田谷区が最も多い44人だった。

 同日までの感染者の累計は521人で、このうち都が居住地を把握しているのは405人。区部が多く、世田谷区44人、港区39人などとなっている。多摩地域では1人やゼロの自治体が目立ち、島嶼(とうしょ)部もゼロだった。都外に居住し、都内で感染が確認された人は20人だった。

 調査中は116人で、このうち106人は院内感染の疑いがある台東区の永寿総合病院関連。

 都の担当者は「人口の多いところで感染者が出ており、地域差がある」との見方を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ