PR

ライフ ライフ

10歳未満も2人感染 神奈川 県1日最多の19人 新型コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大を受け東京都庁で開かれた、東京、埼玉、千葉、神奈川の4知事と5政令指定都市市長によるテレビ会議。手前は小池百合子都知事=1日午後
新型コロナウイルスの感染拡大を受け東京都庁で開かれた、東京、埼玉、千葉、神奈川の4知事と5政令指定都市市長によるテレビ会議。手前は小池百合子都知事=1日午後

 神奈川県で、10歳未満の2人を含む計19人の新型コロナウイルス感染が確認され、1日に県、横浜市、川崎市、横須賀市がそれぞれ発表した。県内で一日に発表された感染者数は3月31日(14人)を超え最多となった。

 感染者のうち、県が発表したのは、いずれも鎌倉保健福祉事務所管内(鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町)の60代女性=アルバイト▽30代男性=会社員▽50代女性=無職▽30代男性=会社員▽30代男性=会社員と、いずれも厚木保健福祉事務所管内(厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村、大和市、綾瀬市)の40代女性=会社員▽40代男性=会社員▽10代少年▽10歳未満の男児-の計9人。

 県によると、このうち、厚木管内の40代男性と10代少年、10歳未満の男児は、いずれも3月30日に陽性が判明した40代女性の同居家族だという。少年と男児は、いずれも無症状。

 横浜市は、市内在住の20代女性1人。女性は東京都内で感染が確認された患者の知人で、3月中に複数回会っていたという。25日に発熱し、31日に陽性が判明した。

 川崎市は、10歳未満の小学生の女児や、看護師2人を含めた計8人の感染を発表した。市によると、女児は、26日に発熱し、31日に陽性が判明した。父親の40代男性が28日に陽性が確認されたため、家族を検査していた。

 横須賀市は、都内のバーで接客業に従事する20代男性の感染を発表した。市は感染経路などを調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ