PR

ライフ ライフ

0歳女児が感染、山梨大病院「生命の危険」 医師ら56人濃厚接触

0歳女児の新型コロナウイルス感染を発表する山梨大の島田真路学長(中央)ら=1日、山梨県中央市の同大医学部(渡辺浩撮影)
0歳女児の新型コロナウイルス感染を発表する山梨大の島田真路学長(中央)ら=1日、山梨県中央市の同大医学部(渡辺浩撮影)

 山梨県と山梨大は1日、同大付属病院(同県中央市)に3月31日に心肺停止状態で救急搬送された0歳女児の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。医師や患者ら56人が濃厚接触者となった。

 記者会見した山梨大の島田真路学長や武田正之病院長によると、女児は自宅で心肺停止となり、救急搬送中に気管挿管が行われた。病院で肺のCT検査を行った。念のため新型コロナのPCR検査を2度行い、いずれも陽性だった。「生命の危険がある重症」としている。

 島田学長らによると、両親とも陰性で、感染経路は不明。女児は正常に発育してきたという。「CTの画像は重症の肺炎ではなく、新型コロナが心肺停止の直接の原因になったとは考えにくい」と述べ、新型コロナによる肺炎ではない可能性が高いとの見方を示した。

 病院側は救急搬送を受け入れた際には新型コロナを疑っておらず、職員は標準的な予防装備しかしていなかった。このため、医師17人、看護師18人ら職員44人のほか、集中治療室にいた患者など計56人が濃厚接触者となった。病院は職員を2週間の出勤停止とした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ