PR

ライフ ライフ

NHK 朝ドラと大河の収録を一時休止 新型コロナ影響

NHK放送センター
NHK放送センター

 NHKは1日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、出演者や番組スタッフの安全に配慮するため、大河ドラマ「麒麟がくる」と連続テレビ小説「エール」の収録を一時休止すると発表した。収録見合わせは当面、12日までとし、以降は状況を見ながら判断していく。現時点で両ドラマ番組の関係者に感染の疑いのある人は出ていないという。

 今回の措置について同局は、自主的な判断だとした上で、「両作品は出演者とスタッフの数が多く、演出上、安全対策にも一定の限界がある」と理解を求めた。これにより直ちに放送が休止することにはならないが、今後の放送予定については、番組表や番組のホームページなどで告知するとしている。

 また、そのほかのドラマ番組についても、収録場所や内容など、個別の状況を総合的に勘案して判断するとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ