PR

ライフ ライフ

神奈川で新たに14人感染 10~70代の男女

 神奈川県で10代女性や帰国者など計14人の新型コロナウイルス感染が確認され、31日に県、横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、茅ケ崎市がそれぞれ発表した。県内で一日に発表された感染者数は28日(12人)を超え最多となった。

 感染者のうち、県が発表したのは、平塚保健福祉事務所管内(平塚市、秦野市、伊勢原市、大磯町、二宮町)の50代女性=会社員▽同管内の60代男性=同▽同管内の30代女性=同▽厚木保健福祉事務所管内(厚木市、海老名市、座間市、愛川町、清川村、大和市、綾瀬市)の40代女性=無職▽同管内の50代女性=施設職員▽同管内の70代女性=無職-の計6人。

 県によると、このうち、厚木管内の70代女性は、これまでに同居家族の陽性が判明している。そのほか5人の感染経路は特定できていない。同管内の50代女性の勤務先は県外の児童福祉施設だという。

 横浜市が発表したのは、いずれも同市内に住む50代男性=会社員▽20代女性=同-の計2人。このうち、50代男性は3月中旬に欧州に渡航し、帰国。自宅待機していたが19日に発熱し、30日に陽性が判明した。20代女性は21日に倦怠感を覚え、30日に陽性が判明。市が感染経路を調べている。

 川崎市は、同市幸区に住む10代女性=大学生▽多摩区の40代男性=会社員▽宮前区の50代男性=同-の計3人。このうち、10代女性は14~20日に米国のニューヨーク州を家族で旅行。帰国後の24日にのどの痛みなどを覚え、30日に陽性が判明した。都内の大学に通っているが、春休み中のため通学していないという。

 相模原市は、市内在住で東京都内勤務のパート従業員の40代女性1人。27日に発熱、31日に陽性が判明した。横須賀市は、市内在住・勤務の会社員の20代男性1人。27日に発熱、31日に陽性が判明した。茅ケ崎市は、市保健所管内(同市・寒川町)の会社員の30代女性1人。20日から発熱が続き、せきや味覚障害などの症状が出たため、29日に検査したところ、30日に陽性が判明した。

 相模原市、横須賀市、茅ケ崎管内の計3人は、いずれも海外渡航歴がなく、感染経路が分かっていない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ