PR

ライフ ライフ

米スペースX船に野口さん 国際宇宙ステーションへ

スペースXの有人型ドラゴン宇宙船(中央のカプセル、NASAテレビ)
スペースXの有人型ドラゴン宇宙船(中央のカプセル、NASAテレビ)
その他の写真を見る(1/2枚)

 萩生田光一文部科学相は31日の閣議後記者会見で、日本人飛行士の野口聡一さん(54)が、米宇宙企業スペースXの有人型ドラゴン宇宙船の運用1号機に搭乗することが決まったと明らかにした。野口さんは国際宇宙ステーションに長期滞在する予定。萩生田文科相は具体的な打ち上げ時期には言及しなかった。

 野口さんが所属する宇宙航空研究開発機構(JAXA)は昨年7月、米企業が開発中の新型宇宙船への搭乗を目指して訓練を開始すると発表していた。宇宙船はスペースXとボーイングが開発中で、どちらに搭乗するかは決まっていなかった。

 ドラゴン宇宙船は2019年3月、無人での国際宇宙ステーションへの往復に成功。今年5月中下旬以降に米航空宇宙局(NASA)の飛行士2人を乗せ初の有人飛行を計画しており、野口さんが搭乗する運用1号機は、この後に打ち上げられる予定。

 ドラゴン宇宙船は11年に退役したスペースシャトルに代わり、国際宇宙ステーションに飛行士を運ぶ手段として米スペースXが開発。4人搭乗でステーションに向かう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ