PR

ライフ ライフ

神奈川県で英国籍大学職員ら3人感染、患者1人死亡 新型コロナ

 神奈川県で、英国籍の大学職員ら計3人の新型コロナウイルス感染が新たに確認され、30日に相模原市、藤沢市がそれぞれ発表した。また、相模原市は、これまでに感染が確認されていた患者1人の死亡も明らかにした。

 相模原市が感染を確認したのは、同市内に住む20代女性=会社員。藤沢市は、いずれも同市内に住む英国籍の40代男性=大学職員▽40代男性=自営業=の計2人。

 このうち、藤沢市の大学職員の40代男性は16~25日に英国に渡航。帰国後の26日に発熱とせきの症状が現れ、29日に陽性が判明した。市は男性の所属する大学を明かしていないが、春休み中のため出勤しておらず、学生や職員との接触はなかったとしている。

 同市の自営業の40代男性は、20日に市外で会食した知人の陽性が確認され、29日に男性の陽性も判明した。市は男性が知人から感染したとみている。

 一方、相模原市で死亡したのは、院内感染が広がった相模原中央病院(同市中央区)に一時、入院していた80代男性。1月中旬から消化器系の疾患のため同病院に入院していたが、院内で感染者が確認されたため検査したところ、2月20日に陽性が判明した。

 今月4日に県内の別の医療機関に転院したが、29日に死亡が確認された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ