PR

ライフ ライフ

千葉の集団感染 難しい福祉施設内の感染予防

障害者福祉施設「北総育成園」=29日午後、千葉県東庄町
障害者福祉施設「北総育成園」=29日午後、千葉県東庄町

 千葉県東庄町の障害者福祉施設「北総育成園」で入所者と職員の58人の新型コロナウイルス集団感染が明らかになり、加藤勝信厚生労働相は29日、専門家の派遣を表明するなど対応を進めた。県などによると施設の入所者は個室で生活していたが、作業をグループで行ったり、食事は食堂で一緒に取っていた。同様の福祉施設は全国に存在しており、入所者や職員の感染予防の難しさも露呈。施設内での集団感染を防ぐ根本的な取り組みが必要となりそうだ。

 千葉県は29日、北総育成園で発熱など症状の出ていない入所者や通所者ら約50人の検査を進めた。同施設の設置主体である同県船橋市の松戸徹市長は28日夜に会見を開き、こう語った。

 「大きな危機感を抱いている。今後、保健所や県の支援を得ながら、対応していく」。

 県や市によると、施設には20~80代の70人が入所し、職員67人が勤務していた。このほかに通所や短期の利用者が計9人いるという。ドアノブなどのアルコール消毒は行っていたが、マスクは不足していた状況にあった。市は集団感染の判明を受け、ガウン500枚、マスク2100枚、ゴーグル50個などの必要となる物資を施設に搬送した。

 端緒となったのは27日に同施設で調理担当だった40代女性職員の感染が判明したことだ。これを受け、県が入所者や職員を一斉に検査したところ、女性職員を含む58人の集団感染が発覚した。

 女性職員は23日に発熱し、24日は出勤したがすぐに早退していた。ただ、県などによると、施設では10日ほど前に、別の職員が発熱などの体調不良を訴えていたこともあった。感染ルートは不明という。

 一方で、陽性が確認された職員32人のうち8割にあたる26人は無症状だった。自覚症状のないまま、職員と入所者の接触が続き、施設内で感染が拡大したとみられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ