PR

ライフ ライフ

新型コロナ終息願いビリケンさんにマスク 千葉・流山

新型コロナウイルス感染の終息を願い、白いマスクを着用した利根運河のビリケンさんの像(流山市提供)
新型コロナウイルス感染の終息を願い、白いマスクを着用した利根運河のビリケンさんの像(流山市提供)

 千葉県流山市東深井の利根運河わきの福の神「利根運河のビリケンさん」の像に、新型コロナウイルス感染の終息を願い、白いマスクがかけられた。

 現在のビリケンさん像は樹脂製。大正2年に建立された石造りのビリケンさん像が平成30年4月にほこらのなかで倒され壊れたことで、このビリケンさんの像は、同市立博物館に移された。市観光協会が制作のスズ合金製「2代目」が、ほこらに収められるまでの「留守番」を務めるビリケンさんは「本家」である大阪・通天閣の「通天閣公認ビリケン事務局」から贈られた友好の像となっている。

 足の裏を触ると夢がかなうというビリケンさん。効果絶大なのは「金運」と「愛情運」とされるが、観光協会事務局がある同市流山本町・利根運河ツーリズム推進課が「疫病退治にも力を貸してくれるはず」とマスクをつけたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ