PR

ライフ ライフ

米国から帰国の女性感染、北海道に帰省中

北海道庁旧本庁舎=札幌市
北海道庁旧本庁舎=札幌市

 感染が拡大している新型コロナウイルスをめぐり、北海道は29日、米国から帰国した神奈川県在住の30代女性の感染が確認されたと発表した。女性は米国に数カ月滞在し、20日に神奈川県内の居住地へ帰国。翌21日に発熱などの症状が出た後、24日に北海道・釧路地方へ帰省していた。

 道は米国で感染した可能性が高いとみて、女性の行動歴や濃厚接触者を調べている。

 道によると、女性は無職の日本人で、米国から家族2人と一緒に帰国し、釧路地方の帰省先へは家族1人とともに航空機と自家用車を使って移動した。27日に医療機関を受診し、29日に陽性と判明した。症状は軽いという。

 北海道では29日、札幌市に住む男女3人も陽性と判明。市によると、このうち70代男性2人は発症日前2週間以内に欧州の感染が流行している国への渡航歴があった。残る1人はその家族。

 海外からの帰国者の感染が相次いで判明し、札幌市の担当者は「大きな流行に備える時期にある」と注意を呼び掛けている。

 道によると、29日午後3時時点で道内の感染者は延べ176人。このうち125人は陰性と確認され、治療を終えた。治療中の患者は44人で、うち9人が重症。これまでに7人が亡くなった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ