PR

ライフ ライフ

58人集団感染、今後の検査でさらに拡大も

障害者福祉施設「北総育成園」=28日午後、千葉県東庄町
障害者福祉施設「北総育成園」=28日午後、千葉県東庄町
その他の写真を見る(1/2枚)

 入所者や職員計58人の新型コロナウイルス集団感染が28日、明らかになった千葉県東庄町の障害者福祉施設「北総育成園」。入所者や通所者ら計約80人のうち検査が終わったのは28人のみで、26人が陽性と判明。今後の検査結果次第ではさらなる感染拡大も懸念され、県や設置主体の船橋市の担当者は同日夜の記者会見で衝撃を隠せなかった。

 県や船橋市によると、同園は知的障害者向けの施設で、入所者はそれぞれ個室で生活していた。ドアノブなどをアルコール消毒していたが、マスクは不足していた。県の担当者は感染拡大の要因について「職員が入所者の個室でいろいろな支援をしており、接触が多い」と推測。船橋市の担当者は、マスクを嫌がるためすぐに取ってしまう人もいて、自分の症状を言葉にするのは難しかった入所者もいたのではないか、と説明した。

 入所者らの特性から受け入れられる医療機関は限られ、専門家の指導を受けながら施設の個室で経過観察するという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ